妊婦にもっとも大切な栄養素って!?

妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、懐妊前から妊婦3か月だと言われています。なので期間は葉酸の十分な取り入れることをおすすめします。
ところで、懐妊後期に入った妊婦に、葉酸が不必要なのか?という疑問も抱きます。
しかし、それは違います。

赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、おめでた前から懐妊3ヶ月までの間が最も注意する期間ですから、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の取り入れるはこの期間だけに限った話ではないのです。

栄養補助食品によっては、一粒で葉酸と鉄分どちらも補給できるという便利なものも売っていますから、サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、不足しがちなビタミンを簡単に摂取できますから、安心です。葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても取り入れるが推奨されている事をご存知ですか?実際に産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸栄養補助食品のサンプルを配っているところもあるそうです。厚生労働省が推奨しているように、おめでた中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。とはいえ、懐妊期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方も少なくはないと思います。

もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。葉酸はホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。ですから、日頃通りの食事をきちんと摂っていれば、ある程度の葉酸は補給できています。
いわゆる不妊症の原因というと、排卵障害や着床障害といった女性側に原因があるものと、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性の方の要因が想定されます。しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。

赤ちゃんは両親の元気を受け継いで生まれるのですから、男女伴に検査を受けることが推奨されているのも当然ですね。実際に懐妊してから葉酸を取り入れるしはじめたという方が多いのではないでしょうか。
それと同時に、一体いつまで葉酸を取り入れるするべきなのか、といった疑問もよく耳にします。

たとえば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても問題ないでしょう。一方で、葉酸は身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、葉酸の摂取をつづけることで母体の元気を保つサポートをしてくれるというりゆうですね。

具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠を計画している方や、懐妊初期の女性は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。

食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸サプリで摂取するのも良い選択だと思います。葉酸サプリの摂取によってお腹の中の赤ちゃんに葉酸がはたらきかけることで、先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が判明しました。ですから、妊婦に対して葉酸サプリの積極的な摂取を厚生省が勧告しているのです。

コメントは受け付けていません。